とだ整体院って?その2 | 瀬戸あいしん整体院 第2号

前号では、私が整体学院に入り、色々な経験や学びを通してエネルギー療法(気功や波動療法等)を取り入れて現在の施術の骨子ができたところまで書きました。

今回はその続きになります。
エネルギー療法を取り入れ、今まで以上に痛みや不快な症状を改善していけるようになりました。
しかし問題が、、、、。

エネルギーって形がないのでわかりにくいのですが、あるエネルギーに他のエネルギーを作用させると、消滅したり移動したりするんです。

つまり痛みのエネルギーに、癒しのエネルギーを作用させると消滅して楽になるのです。
しかし中には移動してしまうエネルギーがあるんです。
これが厄介で施術者側に移ってきたりしてしまうのです。
そのため、始めたころは体調が悪くなる日もありました。(ある療法の主催者は受けることはないって言っている方もいましたが、、、)
このようなことから、今度はエネルギーに左右されにくい方法を探していきました。

自分のためでもあるのですが、何よりお客様にこの負のエネルギーがまた移動してしまう可能性があるからです。

呼吸法、チャクラ・丹田(ツボの大元の部分)の浄化、マントラを唱える(図形や言葉の持つ力でエネルギーの浄化、拡大を行う)等色々試しました。(かなり怪しい内容になってきましたね(^_^;))

色々探したのですが、今得ている結論は(まだまだ完璧ではないですが)

  • 肉体を管理する。(呼吸、食事、運動etc)
  • 良心(良い事をしたい心)に、行動(行い)と意識(思い)を一致させる。
  • 善いものに接していく。(観る、読む、聞く、触れるetc)

こんな感じになりました。

分かっているようで、、、でも難しい、、、。(なかなかこの通りにはいきませんね(^_^;))

でも、今はこれを心がけて行うようになり、他人から受ける事はかなり減りました。

みなさんももしよかったらチャレンジしてみてください(^_^) 疲れにくくなりますよ!

ここから判ってきたのが、人は心の影響がとても重要であるということでした。

エネルギーを受けないように始めたことなのに、今度はこころ(精神)について学んで行くことになっていきました。

次回はこころに対する療法に出会ってからを書いていきますね!

このページの先頭へ