施術で何してる?シリーズ2「筋反射」 | 瀬戸あいしん整体院 第23号

私たちの身体は全身繋がっていて、常に関連しあってバランスを保っています。

例えば、頭を右側に傾けていき限界までいくと倒れてしまいます。

倒れないために、身体は無意識に骨盤や肋骨のある辺りを左側へと移動させて倒れないようにバランスをとります。

身体にはアンバランスを解消するために、このような作用が常に起こっています。

一般的によく知られているものに、足つぼや足裏マッサージなどがあります。

これは足の裏などにある反射区と言われる「内臓や骨などの状態を現している場所」を指や棒などによって刺激して状態を整える方法です。

当院ではこれと同じように、身体に色々ある反射点を使って身体のゆがみなどを整えてバランスを戻していきます。

当院の施術を受けられて、頭や手をよく触ったりしていることがあると思います。
当院では手や頭にある反射点を使いゆがみを調整する方法を主に使います。

なぜかと言うと、

手(腕)は一番よく使うためか、意外にゆがみが出ています。
重要な手でありながら、手の筋肉は小さな細い筋肉ばかりなので、ちょっとした緊張が意外にも全身に影響を及ぼしやすくなるためです。

また頭は脳みそを入れておく器なので、器がゆがんでいるとうまく神経も働けなくなります。
この頭を整えるためにも頭に現れている反射点を使いゆがみを矯正していきます。

一例をあげると
手の中指甲側部分の

a.先端から第一関節までが「頭」
b.第一関節から第二関節までが「頸椎」
c.第二関節から第三関節までが「胸椎」
d.第三関節から手首(指先側)までが「腰椎」
e.手首(指先側)から手首(腕側)までが「仙骨・尾骨」
の反射点になっています。

ここを軽く押えたりさすったりするだけで変化してきます。

色々な理論があるので、同じ部位でも違うところに効果があったりします。

人により変化の出やすさも違いますので、お一人おひとり最善の方法で施術しています。

このページの先頭へ