筋反射(Oリング) | 瀬戸あいしん整体院 第28号

私たちの身体の反応として、筋反射というものがあります。

例えば、この季節ですと、飲み会などが多いと思います。

親しい友達などと飲み会をするときは、どんなに仕事が忙しかったりしても身体は元気になって楽しい時間を過ごせます。

しかし、あまり好きではない人と一緒の時や会社の飲み会などだと、同じ飲み会でもなんだか身体は重く楽しめなかったりする場合があります。

私たちは、自分にとって良いもの悪いものを無意識に判断しています。そしてそれが身体にすぐに現れてきます

自分に合う友達といれば元気になり、自分の嫌いな人といるとなんだか身体が重くなり力が抜けてしまいます、、、。

1607足を揃える

当院では、この様なからだに現れる反応を施術に応用して、身体の状態を確認しながら施術をおこなっています。

この反応を使った検査法の一つがOリング検査(オーリングチェック)です。

当院では、親指と小指をくっ付けてもらいO(オー)の形を作ってもらいます。

この状態で、親指と小指が開くように術者が開きます。

何もしていないときには、指は離れません。

しかし身体の調子の落ちているところに触れながらチェックすると、筋力が低下して指が離れてしまいます。

このチェックで筋力低下が起こるところが、施術ポイントになります。

また、Oリングの他の使い方として、自分に合っているか合っていないかをチェックすることもできます。

砂糖は身体にはあまり良くない物の代表ですが、砂糖を片手に持った状態で先程と同じように親指と小指を開くと、開いてしまいます。

逆に体に良い物(天然原料から作られた健康食品など)を持って同じように検査すると、しっかり力が入ります。

エネルギーのバランスがとれていない方は、まれに反対の反応が出てしまう方もいますが、調整することにしっかり反応が出ます。

2人いれば誰でもできますので、興味がありましたら試してみてくださいね。
(コツが分からないときは施術の時に質問してくださいね)




このページの先頭へ