掃除の効果 | 瀬戸あいしん整体院 第4号

さて年末といえば、大掃除。普段から少しずつ綺麗にしていればいいのかもしれませんが、なかなかそうはいかないところがあります。

でも掃除をすると、なんだかすっきりした感じがして気分が良くなります。

ちょっと整体的視点から掃除のいいところをあげてみました。

○掃除をするとその場所の空気が入れ替わり、滞っていた「気」が流れて善い空間になる。

「気」の流れは空気の流れや水の流れ、道に沿って流れたりします。
家の中では、部屋の中心あたりは風の動きがありますが、隅の方は動きが無く溜まってしまっています。ホコリも溜まるように気も溜まってしまっています。

この滞りがなくなると家全体の気が高まり、その結果人間の気の状態も高まり、からだが少し楽になります。

○散らかっていたものを整理整頓することにより、からだも整ってくる。

郵便物や台所や棚の小物、机や家具などなかなか整理したりできなかったりします。

ポイントとして、基本は垂直水平に物を整えることです。

小物や紙類は家具に対して直角になるように置く、テーブルや家具などは壁に対して平行になるように配置する、などです。

人間のからだはこういった物にも影響を受けていて、綺麗に整理整頓していくと、不思議とからだも安定してきます。
(垂直水平に置けないものは、気分が落ち着く配置にしていただければ大丈夫です)

○いらない物を整理することにより、こころのいらない物も整理できる。

何か思い出したくないことがあると、それに関係する物を捨てて忘れようとしたりしたことはありませんか?

ここまではいかないとしても、家の中の不要な物を整理することによって、普段なにげなく感じているこころの不要物も整理できたりします。

○家が綺麗になると人も綺麗になる。

最近「トイレの神様」という歌が流行っています。(知らない方は今年の紅白歌合戦をみてくださいね)
この歌は、「トイレには女神様がいるから綺麗にするとべっぴんさんになれるんだよ」とおばあちゃんに言われて、それを実践している方のことを歌にしたものです。

実際に女神様がいるかはわかりませんが、トイレを綺麗にしようとするこころが自分をも綺麗にしていくということですね。

面倒なことと思ってしまうのですが、このような効能?があると思って掃除をおこなうと、また違った作業になるかもしれませんね(^^♪

このページの先頭へ