膝痛の原因

膝痛原因の『第一位』

膝痛原因の『第一位』は

▽▽▽▽▽

腎臓の機能低下

△△△△△

 

膝に問題を起こす原因はいろいろありますが、その影響が一番大きなところが腎臓になります。

 

腎臓の機能が低下すると、血液のろ過能力が低下するため、循環や質が低下します。

更に腎臓は、腰の上辺り(肋骨の下部)の背中側にあるため、機能が低下するとそこを守るため猫背の状態に筋肉を固めていきます。

 

腰が曲がる⇒
バランスを取るため膝を少し曲げた状態になり⇒
さらに膝の外側で突っ張るようにして耐えるようになり⇒
膝の前後のバランス、左右のバランスともに固めてしまう

 

このような状態が続いたらどうなりそうか、想像つきますよね(^-^;

 

 

はじめにあげた症状名の、

オスグットシュラッター病も
変形性膝関節症も
半月板損傷も
靭帯損傷も
鵞足炎も
O脚も

 

外からの強い力が加わった原因がないのなら、
血液の循環・質の低下、内臓の機能低下から筋肉のバランス取れなくなり、症状が出ていると考えられるんですね。

 

膝の不調はこういったことでも起こるんだと、覚えておいてくださいね。

戸田保臣

著者:戸田保臣

愛知県瀬戸市にて、自律神経の不調を専門で改善している整体院を運営。

慢性症状やメンタル問題でお悩みの方に多数来院頂いています。

自律神経の問題を特定し、無痛の整体で改善する、独自の「施術」を提唱。

 

一般社団法人 疲労回復協会 認定整体師

五次元ワールド(R)マスター講師

あいしん整体院