腰痛肩こりが言葉の使い方で変わる

今週はセミナーが重なり、お休みが多くなってしまいました。

これから得てきたものを、しっかり還元させていただきますね(^^♪

今回のセミナーで気付きを得たことを一つ、シェアさせていただきます。

それは「言葉の使い方で、体の改善スピードが変わる」

普段何気なく使っている一言一言を意識したことはあるでしょうか?

ご来院いただいたときの会話の中で、

「〇〇が出来たけど、まだ腰が痛い、、、。」

又は

「腰にまだ痛みは残っているけど、〇〇が出来るようになってきた。」

この差は大きいです。

あなたは、普段どちらを多く使っていますか?

当院にお越しの方も、この2つの思考で結果が出るまでの時間が違ってくることを感じています。

「〇〇できたけど、××が痛い」 → 不調箇所だけに気持ちが向いている
「××が痛いけど、〇〇できた」 → 明るい未来が見えてくる

このほんの少しのことですが、気持ち(意識)の部分ではとても大きく影響しています。

より明るい未来を作っていくために、普段より意識して「言葉」を使ってみると、なかなか取れなかった不調が意外に簡単に無くなってくるかもしれません(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加