肩を挙げられないのは、ストレスが原因?

今日は臨床の中から、
肩を挙げられない状態がイメージだけで挙げられるようになった症例を紹介します。

定期的にご来院頂いている、50代主婦のNさん。

今回もメンテナンスでご来院でしたが、検査をしていくと肩の拳上がまったくできず真横までも上がらない、、。

一通り施術をして、もう一度座ってもらい検査をすると、初めよりは挙がりやすくなっているのですが、150°くらい挙げたところで引っかかりが出てしまいます。

再び検査をしてみるのですが、
肩辺りはさほど問題なさそうでした。

そのため、いつもとちょっと違ったアプローチをしてみました。

それは、「腕が耳まで着いて挙がっていることをイメージしてもらう」です。

ほんの数秒イメージしてもらって、再び動かすと、

スルッと腕が耳まで挙がりました!!

今回のように、イメージだけで体が変わることはよくあります。

逆に言えば、イメージで体を悪くしてる場合も多くあります。

腰が痛いから、こんなことしたらまた痛くなってしまうのでは・・・

仕事でストレスがあり、会社に行くのが辛い・・・

こんな想いを持っていると体が反応をして必要のない痛みを作ってしまいます。

日頃から、楽に楽しく過ごしていけるといいですね(^^♪

「なかなかそれができない、、、」

という方はいつでもご連絡ください。

体に出てきたストレス解消のお手伝いをいたします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加