事故でむち打ちになって、首の辛さがなかなか取れない方

交通事故って嫌ですよね、、。

しかしいくら気を付けていても巻き込まれてしまうことがあります。

いつも定期的ご来院いただいているMさんも、先日信号待ちをしている時に後ろから追突されてむち打ちになってしまいました。

追突事故をされてから数日後に連絡があり、
「事故をして病院へ通うことになったから、元々入っていた整体の予約をキャンセルしたい」と連絡を頂きました。

その時にだいぶ首が辛そうでしたので、「病院に通う間でもいいので一度ご来院ください」とお伝えして、ご来院いただくことに。

そして先日、ご来院いただきました。

追突事故から2週間後のむち打ちの状態

追突事故から2週間ほどたっているのですが、

「何ともならない痛みは取れてきたけど、重い辛い痛みが続いている・・・」

とおっしゃっていました。

状況等お聞きして、まずは体のチェックです。

首の緊張はまだまだ強く出ています。
しかし、関節の動きは取れています。

胴体、そして腕や脚までチェックしていくと、どうも右手首がおかしい感じです。

お話をお聞きすると、
「事故してから手はあまり使ってないのに手首辺りがしびれた感じが出ているんです。」とのことでした。

むち打ちへの施術は首ではなく、手首に

おそらくこの手首のゆがみ・緊張が、何か首に影響を出しているのでしょう。

施術では、全身の体液循環の改善⇒ 右手首の調整を行いました。

すると、今まで首を動かすと重くて辛かったものがかなり軽減していました。

後は、内臓に事故を起こしたときの感情からの緊張が出てきたので、これを解除してさらに楽になってきました。

このまま体の緊張が取れて、回復力がついてくれば楽になっていけるでしょう(^^)

むち打ちになった時はどうしたらいいのか?

交通事故などでむち打ちになった場合は、まず病院で検査をしてもらいましょう。

そして脳や神経に異常が無いかチェックしてもらうといいでしょう。

その後の治療は、
追突事故などからのむち打ちは、整形外科や病院などでは、牽引や患部に対する処置が主になってきます。

なかなか全身をチェックしてもらえるところは少ないでしょう。

交通事故などでは外から強い衝撃を受けて全身に強い負担をかけてしまっています。

また「どうしよう・・・」「やられた・・・」「突然の事で気が動転・・」など感情の負荷もかなりかかってきます。

事故での治療には整形外科など病院へ通うことも必要ですが、
これから先、未来の健康を考えたら体全身整えてあげるられる整体なども併用していただくことをおススメします

当院では、さらに事故などで受けた、恐怖感やトラウマなども必要があれば併せて診ていきます。

まずはお気軽にお相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加